ふじねこ の 妊婦な日々

2017年8月出産予定の36歳初産婦。ストレスフルでフルタイム正社員だけど、ほんとうは猫のようにのんびり暮らしたい、ふじねこの妊婦の記録です。

出産の記録 ①

出産から早いもので1ヶ月半!いや、もうすぐ2ヶ月!ブログを放置しっぱなしでした。

娘は1ヶ月健診を突破し、私の元気と睡眠時間を吸いとりながら成長しています。

生まれたときは小動物系のかわいさがありましたが、いまは立派なヒトの赤ちゃんになっています。

 

いま思うのは、妊娠中に産後のことって全然考えていなかったなあということ。

知らないことが多すぎ。あと助産師やら保健師やら医師やらの育児方法のアドバイス、みんな言うことが違うヾ(・д・`;)

統一してくれーと思いつつ。最初の1ヶ月間は思った以上にメンタルが弱くなって不安と母になったうれしさでほぼ毎日泣いてました(泣)

 

よくある感じですが、出産の記録をしておきたいと思います。

私自身、いろんなブログの出産記録をよく読んでいたので、この記事を書くことが結構楽しみではありました。

 

陣痛のはじまり?

予定日1日前におしるし、前駆陣痛らしきものがあったのは過去記事にしましたが、予定日をすぎそう、と健診で言われていたので、夫や母には「まだだってー」とか言っていました。

そして予定日当日。午前1時頃就寝。その一時間後の午前2時くらいから、なんだかお腹がいたくなりはじめるのでした。

前日の腹痛のときインストールした「陣痛きたかも」アプリで寝ぼけながら痛みの感覚を計り始めました。

計り始めは8分から15分くらいの間隔で、「これも前駆陣痛かな」とか思っていましたが、いつまでたっても前日のようにおさまらない。で、さっきより痛くなってきた😖💥

病院には間隔が10分を切ったら電話するように言われてるし、別室で寝ている夫を夜中に起こして大騒ぎするのもなあ、、、と思い、一人で耐えていました。

そのうち夫がお手洗いに起きてきて、痛がっている姿を発見されてしまいました。この時午前4時過ぎ。

まだ10分を切ってないから、と夫に告げて二人で様子見。6時ごろようやくコンスタントに7~8分くらいになったので、病院に電話しました。

 

電話出ない、、、?!

陣痛が来たときは産婦人科病棟に直接電話せよ、とのことでしたが、電話の呼び出し音は鳴れど、いっこうに繋がりませんでした。痛いのに!いま考えれば、病院の夜勤日勤交代の時間帯で誰も出なかったのかもしれません。

何度か陣痛の波をやり過ごして、その間にいつも通りの朝食(夫が気をきかせて作ってくれました)を食べて、30分後にまた電話。こんどは助産師さんに繋がり、とりあえず病院に行くことになりました。

ここで夫は素早く会社に今日休むかもメール

 を送り、私は何故かパジャマから普段着に着替えました。そのくらいの余裕はありました。

病院までは徒歩5分ですが、途中一度陣痛の波が襲ってきて、手を膝についてやりすごしました。

 

分娩室に通される

病棟につくと、陣痛室は先客がいたらしく、分娩室に通され、助産師さんに内診してもらいました。「陣痛と思って病院行ったけど、子宮口が開いていなくて帰された」といったネットの体験談をよく読んでいたので、助産師さんには「全然子宮口開いてなかったりしたら、すみません」と言ってました。

内診の結果、「おー、結構開いている!7センチ。入院です。これ(病院のパジャマと産褥ショーツとむくみ防止ソックス)に着替えてねー」とのこと。「ご自宅で頑張ったね」とも言われて、あれ?私すでに結構頑張ってた?もしかして早めに生めるのでは?なんてこのときは思っていました。

実家の母に「入院になったよ」、入院の荷物を取りに一度自宅に帰った夫には「ペットボトルの水を買ってきて」とLINE をして、分娩室での1日が始まりました。

 

40w0d 生まれました!

予定日2日前の健診では「まだまだ」感を出していた赤ちゃんですが、嘘のように予定日当日である昨日生まれました!

約2800グラムの女の子です(*^.^*) 健診時の見立て通り笑

明け方から陣痛が10分間隔を切り、16時過ぎに出産。経腟分娩でしたが、最後は吸引もしてもらいやっと出てきてくれました。私にとっては長い時間でしたが、一般的には比較的安産だったようです。

母子とも元気です。
そして赤ちゃんはすばらしく夫に似ております。

取り急ぎご報告まで。



f:id:fujicat:20170824130422j:plain

予定日まであと1日!(おしるし!?)&昨日の健診

予定日まで迫ってきました。予定日前の最後の健診に行ってきました。

f:id:fujicat:20170822095623j:plain

ほんと、いろいろあったよねえ。

 

NSTではあいかわらず大人しい…

39w5dの健診。NSTは相変わらず40分くらいとりました。中の人は途中でご就寝されたようで、モニター結果を見にきた助産師さんが困っていました…

挙句の果てには「ちょっと音と振動で刺激するね」と小型マッサージ機?のような振動する機械をお腹にあてられたけれど、それでも少し反応したあとに頑固にご就寝。起きない!

毎回のNSTのたびにここまで大人しいと心配になってきますが…

 

安心して予定日過ぎてください、と言われる

NST後に医師の問診と内診がありました。

正直一週間前の健診と何か変わった自覚はない、ということと、先ほどのNSTのことと、「予定日を過ぎたらどうなりますか?」と聞いてみました。

まずNSTは、起きているときもあるしそのときはとても元気だから、大丈夫、とのこと。うーむ。今後も胎動だけは気を付けてチェックしていようと思います。

そして予定日を過ぎたら週2回受診することと、陣痛が来ない場合は41週中には産めるように計画分娩の相談をするということでした。

 

超音波エコーでは2900グラムまで成長していました。

エコーと内診時の医師のコメントは、

「頭が真ん丸ですねー。産道を通るときに頭を変形させるのだけど、まだ空間が広いから変形してない」

「立派な胎盤です。羊水もたっぷりですね」

「赤ちゃん下がってきていないわけじゃないんだけど…うん、骨盤の空間が広いのかな。そして子宮の入り口も閉じてます。赤ちゃん快適そうです」

「ん、なるほどー」

だそうです。『なるほど』が何を意味するのかよくわかりませんが。

総評としては『安心して予定日過ぎてください』とのこと。

うーん、生まれても大丈夫だけど、骨盤の空間が広くて頭が狭いとかがないから、快適で中の人が出てくる気分ではない、ということのようです。

骨盤が広いとは、初めて言われました。

昨晩はお腹に向かって「快適なのはわかるけど、下に出口があるからね、そこから出てくるんだよー」と話しかけまくったのは言うまでもありません。

 

そして、補助券がなくなったので、この日のお会計は8000円越え!ちょっと痛い…

 

予定日まであと1日!

一晩寝て、今朝の話(本題)。生理痛のようなお腹の張りで目覚めました。

お手洗いに行ってびっくり。けっこうな出血をしていました!

色、量ともに生理初日くらいのもの。お手洗いの中で叫んでしまいました(笑)

昨日の内診もあっさりしたもので、いわゆる「グリグリ」はなかったように感じましたが、刺激になったのか?

それとも、これが、おしるしというやつなのか???

 

病院の母親学級では、おしるしはおりものに血が混じる程度、なんて聞いていたけれど、そんな可愛い量ではないので、病院に連絡しようかと思ってしまいました。起床後30分ではすでに出血が止まっているようでしたので、いまのところエンジェルサウンズ片手にちょっと様子を見ています。

 

あと軽い生理痛レベルのお腹の張りは来たり引いたり。間隔はバラバラで数分~30分くらい。そして痛みの持続時間も長くて20秒ほどと短い。これが前駆陣痛かしら?

 

これを書いている今も胎動はあり、中の人はこんなときでもしゃっくりして呼吸の練習をしている模様です。

昨日のNSTといい、生まれる前から頑固なマイペースさんなのか?

 

 

いよいよですかね??

予定日まであと6日!

39w1d。今日で予定日まであと6日となりました。

 

出産の兆候は…特にありません。ただ毎日ドキドキしています。

一般的な臨月のマイナートラブルは、便秘以外はほぼあって、特に疲れやすかったりしています。

 

38w5dの健診では医師に『うん、順調』と言われたのみ。内診では『赤ちゃん下りてきている。これから開くよ』と言っていました。開く、というのは子宮口のことかな。ということは今はまだ全然開いていないということかな???

 

胎動は激しい時とおとなしい時があります。内弁慶ちゃんのようで、健診のNSTの時に何故かおとなしくなり、モニターする時間がちょっと余計にかかります。助産師さんには『時間かかっちゃってごめんねー』と言われるが、むしろこちらがすみません、という感じ。

 

健診の帰りには、有名なジンクスどおり、焼き肉ランチを食べて帰りました。

そして、今回の健診で、14回分ある妊婦健診の補助券をすべて使い切ってしまいました。次からは自費です(涙)

次の健診までに生まれないかなあ…

スクワットとかもしなきゃダメかなあ…

 

安産、母乳に良いというハーブティを飲んでみています

もともと紅茶やコーヒーが好きでよく飲んでいましたが、カフェインを気にして飲めないので、妊娠がわかってからはデカフェか、ルイボスティーにしていました。それに加えて、最近はハーブティを取り入れています。

 

こちらは『妊婦さん応援』をうたっているラズベリーリーフティ。安産のお茶だそうです。

しかし、飲みやすいというレビューに反して、ルイボスティーと比較するとやっぱり癖があります。

 

セレッシャル 20BG レッドジンガー

セレッシャル 20BG レッドジンガー

 

そして近所のスーパーで賞味期限間近のため叩き売りされていたハイビスカス&ローズヒップブレンドティー。これは妊娠前にも飲んだことがあり、酸っぱいのですが、その酸っぱさが気分転換に良いです。ホットまたは薄めのアイスティーにして飲んでいます。

 

※ハイビスカスは妊娠中(とくに中期まで)はあまりよくないという説があったり、また上記ブレンドには妊娠、授乳中に良くないとされるペパーミントや甘草(リコリス)も少量ブレンドされているようです。といっても、個人的には、一日1~2杯では多量摂取というところまでには到底及ばないと思っていますが。ご飲用は自己責任で。

 

以上の2つを正期産に入ってから一日1~2杯飲んでいます。

正直、紅茶やルイボスティーのほうが断然飲みやすいですが、たまに飲むには気分転換になります。どちらのお茶もやっぱり癖はあるので、はちみつを入れるとぐっと飲みやすくなりいい感じ。

効能はいまのところ不明。安産だといいなあ。

夫の不在 & 38w2d 今更ながらマタニティフォト

37週の健診の後、夫の身内に不幸があり、夫が急遽九州の実家に帰ることになりました。

我が家から夫の実家までは、電車、飛行機、高速バス、車を乗り継いで半日はかかります。私も通常であれば葬儀に出るような事態なのですが、飛行機に乗るにも医師の診断書が必要な週数なので、今回は許してもらい東京におりました。

というわけで臨月に突然4日間夫が不在に。その間にも体調がすぐれない日と比較的動ける日が交互にやってきて「このまま陣痛来たらどうしよう」とびくびくしながら過ごしました。毎日「まだパパは九州だよ。今日も生まれないでね」とお腹に話しかけてました。幸いにも夫は無事に帰ってきて、赤ちゃんはまだお腹の中にいます。

 

そんななか予約していたマタニティフォトを撮ってきました。

夫は最初から撮影に参加する気はなく、むしろマタニティフォトには否定的なので、一人だけで参戦。

『撮影料無料、撮影した1枚(L版サイズ)写真立て付きでプレゼント』ということでしたが、衣装はスタジオのを無料で借りて(2着着れる)、背景も数回変えて、50カットくらいは撮ってもらえました。

 

で、案の定1枚には絞り切れず、、、(予想はしていたが)

L版の写真を2枚追加して、4400円お支払いさせていただきました。貴重な体験をさせていただいた、という感謝も込めて。

 

2枚は待ち受けサイズの電子データも頂けたので、ちょっとだけ公開。完全自己満足です。

f:id:fujicat:20170812234617j:plain

エコー写真と一緒に取るとか、おなかにペイントするとかの希望を聞かれましたが、私の場合は特になくて、強いて言うなら「ザ・マタニティフォト」みたいな定番の写真を撮ってみたかったのです。そういう意味では上写真は「まさに!」の1枚。お腹を見つめて微笑している写真です。お腹を正面から撮っているため、臨月にしてはちょっと小さめに写ってはいますが。

上記待ち受けサイズ写真は無修正ですが、写真現物は修正されて2週間後に自宅に届くそうです。

 

フォトスタジオで撮るのでなく、お腹を自分で撮るか夫に撮ってもらおうとか考えていましたが、こんな衣装持ってないし、背景もないし、なにより写真の腕は素人なので、二の足を踏んでいました。今回は記念になり、貴重な体験をさせていただいたということで、まあよかったかな?と思っています。夫は…好きにすればと鼻で笑ってました。

写真が届くころには赤ちゃん生まれているかもしれませんね。

 

撮影したのはらかんスタジオというところです。私は少々お金を払いましたが、店からは無理な勧誘やセールスはなかったです。マタニティ~お子様の1歳までのアルバムを作るプランも良さそうでした。ご参考までに。

 

laquan.com

37w健診と38週にいまさら美容室やらマタニティフォトやら

37週の健診

すこし間があきましたが、37w5dでの健診に行ってきました。

NSTを30分以上取ったけれど問題ないみたいです。初めのほうは赤ちゃんがおとなしかった様子。

37w以降はエコーをしない、と聞いていたのに、何故かエコーありました(追加料金とられてました)。赤ちゃんの頭直径は9.5cmで医師によると『ふつう』、推定体重は2700グラムほどでこちらも『ふつう』だそうです。平均的な感じ?

 

医師『何か体調で気になることありますか?』

私『あ、最近脚の付け根が痛みます』

医師『いいねー。いいですねー。赤ちゃん下がってきてるかな』

私『いいんだ(笑)』

みたいなやりとりがありました。その後の内診も『おー下りてきているね。すっごく順調』だそうです。

私としては陣痛が来そうなのか?子宮口が開いているとか?が知りたかったのですが、そういうのは一切教えてもらえず。相変わらず余計なことは言わないさっぱりした医師です。

 

健診の後、気になっていたカフェでおひるごはん。あとフォトスタジオ(後述)にも寄り道しました。

アメリカンなカフェでミートパイとサラダバー。サラダバーといっても、種類は少ないのですが、ズッキーニのソテーとか、3色ミニトマトのマリネとか!ただの野菜を切ったやつでなく、ひと手間かけたものが多くて、おいしすぎで3回おかわり。

f:id:fujicat:20170812224202j:plain

 

マタニティフォトを撮ってみる?

産院の近くに新しくフォトスタジオができたのは知っていたのですが、店の入り口に置いてあるチラシに「マタニティフォト撮影料無料、一枚写真立て付きでプレゼント」というのを見つけたので、健診の帰りに入ってみました。

生まれた赤ちゃんを撮ってもらうならともかく、妊娠中にお金をかけてまで写真なんて別に撮らなくても…と思っていたのですが、最近大きいお腹をみて「赤ちゃんが出てきてしまうの、なんか寂しいな」という謎の感情があったので、一枚くれるならお試しで撮ってみようかと。えぇ、完全にお店の思う壺です。我ながらマタニティハイです。

いつ生まれてもおかしくない身なので、今週のあいている時間で予約してしまいました。

 

今度こそ産前最後の美容室

2か月前、29週の時に行った美容室ですが、夏の暑い時期ということもあり既にぼさぼさ。毛量が多くてくせ毛なので、湿気でうねりまくり。切った直後は『3か月くらいはもつよ』と言っていた美容師でしたがすでにストレスフルな感じになってきたので、38週に入った日に、もう一回美容室行ってしまいました。

体調が悪かったり、おなかが痛くなったらやめよう、と予約を取り、当日は幸い元気だったので、、、カットに加えてリタッチカラー(白髪隠し)とストレートパーマまで! 

fujicat.hatenablog.com

 

あーもうすっきりです!

ストレートをかけたのは、うねりまくる髪質のため。ボリュームダウンするけれど縮毛矯正のようにまっすぐにはなりません。でも私にはそれで充分でしたので納得してお願いしました。美容室ではいつも以上に『トイレ行きますか?大丈夫ですか?』と気遣っていただき恐縮でしたが無事に終了。

『いつ生まれても大丈夫な時期だけど、今日は生まれないと思います』と自信たっぷりに言っておいたのがよかったのか(ほんとうは自信なんかないのだけど)。

所要時間3時間ほど。私はたまたま良かったけれど、この週数に3時間は無理という人もいっぱいいそうです。もう産んでいる人も、トラブルがある方も、それから破水してしまうこともあるわけで。そしてもちろん長時間座ったりシャンプーの時の仰向けは妊婦にとってきついわけで。幸いにも私は体調がよくて助かりました。

産前の美容室のタイミング、難しいなと思います。

 

38wの体調の変化

・脚の付け根が痛い

・お腹が張る

・お腹が痛い(休むと治る)

・歩きづらい

・目に見えて疲れやすい

・胎動は相変わらず痛い

 

など。つわりの時のような「あぁーもうだめだぁ」という気分の時と、比較的動ける時(といってもとても疲れやすい)が一日おきくらいにやってきています。健診の医師のコメント通り「赤ちゃんが下がってきている」のでしょうか。「もうだめだぁ」の時は安静に、そうでないときはなるべく散歩しています。店に入って休んだり、ご飯を食べていると「いつ生まれるのですか?」と言われることが増えました。

37w ついに正期産

37wからはいつ生まれてもいいらしい…

直前に行った妊婦健診ではおっぱいマッサージのやりかたをもう一度教わりました。

中期のころ教わった方法とはやり方が違う気がしたけれど、まあやってみています。

助産師さんがおっぱいマッサージをすると、痛かったけれど、じわりと分泌液っぽいものが出ました。女体神秘です。

 

NST初体験

36w5dの妊婦健診で初めてのNST

モニターを付けながら、助産師さんと話をしたりしていました。助産師さんがおっぱいマッサージをした時だけちょっとだけお腹が張ったようですが、それ以外は子宮収縮はほぼしていないみたいでした。医師にも「赤ちゃん元気ですね」と言われただけ。今回の健診ではエコーが無しで特に赤ちゃんの大きさも見ず、若干拍子抜け。

次の健診は一週間後です。

 

しゃっくり多し

胎動はあいかわらず激しく、何故か定期的にしゃっくりをしています。呼吸の練習ですか?

そのほか、ぐにっと動くときは思わず「いてて」と言ってしまうほどの衝撃が。でも生まれたらこの胎動もなくなってしまうのかと思うと、寂しくもあったりします。

 

その他のマイナートラブルなど

臨月にはいると遭遇しやすいトラブルに、かなり典型的な感じで当てはまっています。

・仰向けがきつい

・寝る態勢が定まらない、ねむりが浅い

・脚の付け根が痛い

・激しすぎる胎動(日に日にはげしくなる気がする…)

・頻尿

・おへその形が変

・むくみ(手を握るとむくんでいるのがわかる!脚はそうでもない)

・貧血気味(しかし医師によると妊婦であれば普通の範囲内とのこと。自覚もなし)

・情緒不安定(すぐ泣ける)

などなど。

 

昔から便通だけは困ったことがなく、どんなに体調が変でも便秘にはならないのが我ながら不思議です。

 

保活進捗と夫への怒り

大きいお腹で保育園の見学に出歩いているのですが、時間にして30分から1時間くらいなので、そんなにきつくはありません。むしろ保育士さんに「もうすぐですねー楽しみですねー」と言っていただけたり、お腹のふくらみに興味がある(?)園児に近寄られたりして面白いです。

家から通えそうな保育園はだいたい見学終了。認可外園の保育料がバカ高くてビビっているのと同時に、認可園にも認可外園にも入れなかったらどうしようという気持ちがふつふつと。こんな私でも、無事にわが子が生まれ、育児をはじめたら「仕事なんてどうでもいいわー保育園なんて入れなくてもいいわー」って感情になるんでしょうか???今はまだわかりません。

 

我が家には車はありませんしこれから買う予定もありません。保育園も車で送り迎えという選択肢はないので、朝は歩いて子供を保育園まで連れていき、その後駅に向かって電車に乗って通勤、ということになります。

今週は夫が夏休みなので、2園は夫と一緒に見学に行きました。

今週夫と見学した保育園に関して、感想を聞いたら『ちょっと(家から)遠いな』とのこと。なんだかその一言でがっかりしてしまいました。線路をくぐった駅の反対側に保育園が位置するのが気にくわないようですが、これでも3番目に近い園なんですけど!駅にも近いし!!

そして肝心の保育園の中身は見ていなかったのかと。

怒りが収まりませんでしたが、家から保育園までの徒歩ルートと保育園から駅までの徒歩ルート一覧を見せてやりました。それでも「距離も大事だけど、駅の向こうに行くには大きい交差点とかたくさんあるから大変じゃん」とか言ってましたがそれを差し引いても近いのに。私一人で、もっと遠い園にも猛暑の中てくてく歩いていって、汗だくで見学しているのに。

 

約10園くらいの見学をして、各園ごとに記録を残している私に対して、あまりに低い温度の夫。保育園に入れなかったら私は会社を首になるのですよ?!そういうことをちゃんと考えているのかと悲しくなってしまいました。

送り迎えも母親(私)に全部任そうとしているくせに、文句だけは言うという謎の行動はやめていただきたい。

私も夫ばりに稼いでいるという事実を利用してでも、なんとかワンオペ育児にならないように今から意識改革させていかなければ…と思ったできごとでした。

 

はあーこれも妊婦特有のホルモンの関係が原因の感情の起伏(情緒不安定)なのかしら?